<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ダヴィンチコードと天使と悪魔のトラップ

先日紹介した芸術新潮ではダンブラウンは美術史の専門家の奥さんのアドヴァイスで
物語を盛り上げるためにわざわざ絵画の解釈を過ったものにしている可能性があると指摘していました。私はこの話、結構真実味があるかと思います。

物語の冒頭ですべては事実に基ずくとわざわざ断ることが最大のプロットだと考えていましたが、芸術作品の解釈もわざと物語が盛り上がるように変えていると考えるとスッキリします。(というか、都合良く解釈していると考える方が正しいかも?)

特に鍵となる秘密結社そのものの存在がかなり怪しい。
ダヴィンチコードで言えばシオン修道会。
天使と悪魔ならイルミナティ。
これらは存在自体がかなり嘘臭く、ほとんど存在を証明することができない。
秘密結社だからそれも当然と言う解釈もあり得ますが、
客観的に資料をひも解けば真実は自ずと見えてくるでしょう。
それを承知で物語の材料に上手く取り込んだダンブラウンの作家としても腕前が素晴らしいと思うのですが如何でしょうか。
この2作品に共通する英語で書かれている暗号、
4行詩などダンブラウンが非常に上手く使っていると思います。
この英語の暗号自体が事実でないという主張の大きな柱になっていますが
それ自体がダンブラウンにとってはなにを今さら〜ということかもしれません。
そもそもCERNのマークも6を重ねたように見えますが、
まさか悪魔の6ということはないでしょう。

マーガレットスタバードの著書。
alice-roomさん( http://library666.seesaa.net/ )御指摘のごとく、
ダヴィンチコードはかなりここから引用して話を作っていますね。
最後の方で出てくるソフィーの祖母がラングドンに
「現代の吟遊詩人になれ」というフレーズ。
突然、出てくる吟遊詩人に違和感を感じることはないでしょうか。
彼女の著書を読むとこれがどういう脈絡で登場することになるか理解できます。
天使と悪魔の種本はちょっとよくわかりませんがダヴィンチコードは種本からストーリーの大筋はできそうな気がするほど種本をなぞっています。
実際、レンヌルシャトーの謎を種に荒俣さんは別の話を書いていますし、、、

現在と違い多くの一般市民が字を読むことができなかった時代では
芸術作品は人々を導く意味をもった正に象徴だったようです。
この象徴を上手くつかい歴史ミステリーを紡いだダンブラウンに拍手を送りたいと思いますが、彼のプロットに引っ掛かって何が嘘で何が本当か?ということを議論の対象にするのは?です。
彼の作品から芸術作品や宗教の歴史に興味を持ち、文献をひも解いて行くことがとても楽しいと感じています。
[PR]
by bonejive | 2006-05-31 13:41 | ダヴィンチコード

芸術新潮6月号「ダヴィンチコードの○と×」

芸術新潮6月号「ダヴィンチコードの○と×」
これ超お勧めです。
中世美術史専門の小池寿子さんと20世紀美術史専門の宮下誠さんの対談形式でダヴィンチコードの美術作品の解釈を斬っていきます。これが非常に読者の視点でわかりやすく面白い。
Chaptor1修道層シラス
サンシュルピス教会の写真がページを埋め、ぜひ観たいと思ったローズラインが目の前に!
このチャプターでは俳優の演技を評価しつつ何度もエーコの「薔薇の名前」を引用しています。
やはりこの作品は原作も映画も美術史の専門家には魅力的のようです。
二人の専門家はダンブラウンのエンターテインメント作家としての手腕を高く評価しています。
この章の最後のページはソニエールが防犯システム発動のために落とした絵画の写真。
「聖母の死」横2メートル以上の大きな絵画を一人で倒せたかどうかは?とのこと。
ここで注目すべきはこの絵画。
死の床のマリアの横で泣き崩れているマグダラのマリアが描かれています。
原作では詳しく触れられていませんが象徴としてはかなりの意味がありそうな作品です。
Chaptor2ダヴィンチ解読の姿勢は○だが答えは×
モナリザ、岩窟の聖母、最後の晩餐といったダヴィンチ作品の解釈はほとんど×。
どうやら美術の専門家の奥方の差し金でわざと面白くなるように解釈を変えている可能性もあるようです。すべては事実に基ずくという冒頭の一行が物語を盛り上げるための最大のプロットとすれば十分ありうることですね。まさにダンブラウンに踊らされているわけですね〜!
驚いたのはイエスでなくヨハネがマリアと結婚していたという説。
実際にそれを描いた絵画も出ていて感動しました。
といった具合で非常に面白い対談です。
写真もいいし、ファン必読でしょう。

十字軍の関連でこれまでの関連本ではまったく触れられなかったフランドル地方の話が提示されます。これまた興味深くていいです。
ブルージュにイエスの血を十字軍が持ち帰り聖血礼拝堂に祭られているといいます。
私はブルージュの聖血礼拝堂には何度か行きました。
このときはそのいわれをガイドで読んでへえーと馬鹿にしていましたが
ダヴィンチコードでカトリックの歴史に興味を持つともう一度行ってみたいと思います。
このころ私はこのような聖杯関係のキリストのまつわる聖遺物のいわれはカトリックの至る所にあり、真実とはなんら関係ないかのように思い、ほとんどその歴史などしらないくせに頭から単なる伝承に過ぎないと決めつけていました。
しかし、ダヴィンチコードをきっかけに色々と本を読んでみると歴史の面白さを知り
その地方のいわれも100%のでっちあげではなく史実に基ずいている部分も多くあることに気がつき心から反省しています。

笑ってしまう(カトリックをばかにしているわけではありません)のが15世紀の写本の挿絵でキリストがぶどう酒の絞り木で搾られていて血がしたたり落ちているのですが落ちながらぶどう酒となり、天使が聖杯でそのぶどう酒を受けているもの。これ最高です。

こんな感じで33ページの特集です。写真も大きくてきれいですしお勧めです。
[PR]
by bonejive | 2006-05-27 00:34 | ダヴィンチコード

Newsweek日本語版5/24発売号、映画「ダヴィンチコード」に4ページさく

Newsweek日本語版5/24発売号が映画「ダヴィンチコード」の記事に4ページを割き
更に最後の方で関連本の紹介も数行当てています。
この本の中ではパリのダヴィンチコード関連の名所を歩くガイド本もありそれに興味をそそられました。

さて肝心の4ページ分の内容です。
はじめの見開き2ページは原作のマリアについての仮説に対する数人の専門家(大学教授)のコメントが寄せられています。
まとめてしまうとマリアが使徒ペテロとの戦いに敗れたのかその後、弟子達が戦いに敗れたのか定かではありませんが、結局ペテロ達のグループがローマで勝利したためマリアの真実を伝える資料が乏しい点をふまえてもダンブラウンの仮説を支持する人は皆無に等しいということのようです。
途中マリアが娼婦にされたことにも触れています。
結局教会は信者獲得のために社会情況に応じて都合よくマリアを解釈したことも触れられていました。締めくくりのコメントで結局ダンブラウンも母や妻としてマリアをとらえ、純粋で経験な使徒の一人で性別は女という捉え方が不足しているというものが印象的でした。
また、12の謎として非常に簡単にダヴィンチコードの仮説と真実が書かれていましたがこの真実というのもちょっとまとめ過ぎていて?の部分もありました。

さて後半の見開き2ページは映画の評価です。
原作をB級アクションと定義した上で、あまりに原作に忠実すぎて消化不良。
トムハンクスは演技ができないくらい縛られていたし、オドレイも出演しなかったほうがよかったくらい何もできていないと酷評され監督も自分の個性を出す事すらかなわず、これまでのキャリアが嘘のようだとでもいいたいようでした。
この映画に欠けているものは登場人物を人間として描く事と指摘して記事は終わっています。

私はなんとか今週中に映画を見たいのですがどうもこれまでの情報を総合すると
原作の蘊蓄やプロットを詰め込みすぎて、登場人物まで作り込むことができなかったようですね。スタッフがまじめ過ぎたのでしょうか、、、

映画の最後ではこの物語はフィクションですというテロップが流れるようですね。原作の冒頭のあの一行はいったいなんだったのでしょうか。
誰もすべてが真実だとは思いませんが、映画の最後にこのテロップというのは興ざめですね。

それでもやっぱり私は早く映画がみたいな〜。
[PR]
by bonejive | 2006-05-24 18:28 | ダヴィンチコード

映画「ダヴィンチコード」欧米では公開順調、イギリスにはオプスデイの閣僚も!

カンヌでのマスコミ関係者の冷ややかな反応はどちらかといえば過剰に冷ややかだったともとれる今日この頃です。以下朝日新聞とネット朝日から転載です。


「ダ・ヴィンチ・コード」 欧米の反応は抑制的 2006年05月22日06時47分
 ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」を原作とする同題名の映画の公開が世界各地で始まった。キリストに子がいたなどの内容が物議を醸したが、カトリックの総本山であるバチカンのおひざもと、イタリアでは初日の19日、910の映画館で200万ユーロ(約2億8千万円)と過去最高の売り上げを記録した。ボイコット運動が広がったアジアなどとは対照的に、欧米のキリスト教徒の映画に対する反応は抑制的だ。
 バチカンでは、ローマ法王ベネディクト16世の側近、ルイーニ枢機卿が司教らの会議で「信仰の核心への根拠なき挑戦だ」と映画を非難しつつ、「真実は幻想に勝る」と呼びかけた。
 バチカン公認の組織で、映画で陰謀的に描かれた「オプス・デイ」のジョン・ウォウック神父はローマでの討論会で、「芸術や歴史、神学に対する無知さを示している」とブームを懸念。しかし、「キリスト教の真実はフィクションより興味深くミステリアスと伝える機会だ」とも話す。
 作品の舞台のひとつであるフランスでは、他国より早い17日に劇場公開され、カンヌ映画祭の開幕作品に。メディア評は「アクションシーンは弱々しく、より多い講釈の場面は仰々しくて冗舌」(18日付フィガロ紙)と、娯楽映画としての出来ばえを論じている。
 小説の主舞台、パリとロンドンを結ぶ高速列車ユーロスターは配給会社と提携し、映画を春の旅客宣伝キャンペーン(費用1千万ユーロ)に使った。
 英国で「とばっちり」を受けているのが、今月初めの内閣改造で教育・技能相から地域・地方政府相に横滑りしたルース・ケリー氏(38)。映画封切り前から一部メディアが「オプス・デイ」批判を展開し、組織のメンバーである同氏を標的にし始めた。同氏は就任後、「カトリック教徒でありながら、閣僚に就くことが可能かと問われれば、答えはイエス」とコメントした。
 米国では17日、中絶反対運動をしているカトリック系の団体「ヒューマン・ライフ・インターナショナル」の代表がボイコットを呼びかけた。しかし、別の保守系の団体「アメリカ家族協会」はAP通信に「人々に(事実とフィクションの違いを)学んでもらいたい」と述べた。
 欧州では、宗教も批判の対象であるべきだという考えが定着している。今年初め、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が問題になった際も「いたずらに宗教心を傷つけない限り、表現の自由を優先すべきだ」という主張が優勢だった。
 教会側には、真剣に反論するほど面白おかしく取り上げられる、というジレンマもある。仏のカトリック系日刊紙ラクロワは「我々がまともに反撃すれば、教会は不寛容で秘密とウソを隠し込んでいるという彼らの見方に加担してしまう」(17日付社説)と、信者の自重を呼びかけた。


多くのひとは欧米では理性的に反応しているようでほっとしました。
しかし、これをアクションシーン目当ててみようというひとは少ないと思うのですが
アメリカ映画はアクション必須というのは偏見が強いかと思います。
イギリスではオプスデイの閣僚がいるなんて驚きました。
先日紹介したFlashの記事では日本の信者は300人程度のようでしたので欧米では日本では想像できないほど信者が多いという事のあらわれでしょうか。
いずれにしろ信仰は個人の自由ですから周りがとやかく言えることではないですね。
イギリス議会が如何に解放されているかという証でしょうか。
しかし、映画公開に伴ってこれほど毎日マスコミにニュースがでる映画もこれまでなかったのではないでしょうか。すごいことですね。
[PR]
by bonejive | 2006-05-22 10:20 | ダヴィンチコード

フジテレビのダヴィンチコード特集

今晩のフジテレビの特集は期待していたよりよかったです。(あくまで映画の前振りとして)
モナリザの汚れをとると背景はブルーの青空の色白モナリザになり、
現在の暗く意味深のものではなくなり印象はかなり変わりました。
また、フィンレンツェ郊外でモナリザの背景となった実在の景色を発見し3Dでモナリザを再現。
この結果モナリザは妊婦という仮説を披露。
また、モナリザのレントゲン写真を披露。
ほとんどの人がその写真を見てキリストと発言していました。
私もそう思いましたがだからといってモナリザがキリストと結論する根拠にはならないと思います。
これを根拠にモナリザはキリストでは?などとの仮説も披露していました。
なかなかフジテレビもやるな~と思いました。
番組ではキリスト結婚説、最後の晩餐のV、Mといったサインや聖杯はキリストの血脈、
などなどかなりのネタばれでした。
また、テンプル騎士団のところやダンブラウンのインタビューなどは先日のNational Geographic Channel の「Secret Bible 3 days」の中から引用というか借用。
テンプル騎士団のところではちゃんとNational Geographic Channelと出ていましたが
ダンブランの部分は出ていませんでした。
テンプル騎士団といえば、ロスリン礼拝堂の地下は探索していないと思っていましたが一度掘り、中から木の器が一個出てきていたのですね。 それも地下に入ったのはなんとというか当然というかロスリン礼拝堂の建造者の末裔らしきシンクレア家の人でした。
入ったといっても地下の部屋のとばくちでそれ以上はしっかり壁があり、入ることができなかったようです。結局それ以上の探索は中止となったようです。
出てきた器はとても聖杯には見えないものでした。
ロスリンといえば地下に聖杯が隠されているとのうわさが絶えないところです。
フジテレビがよくここまで映像を手に入れたともって感心しました。
感心といえば米倉さんがテレビ初登場というルーブルの地下にある研究施設に入っていました。
うらやましいですね~。芸術に関する知の宝庫のようで私もはいりたいです。
やっぱりこういうときは芸能人はうらやましい!
マーガレットスターバードのインタビューもよく見直さないとわかりませんが
これも借用かもしれません。まあ、借用以外の部分はフジテレビががんばった感じが強いです。
フジテレビの番組宣伝通りこれをみてから映画をみればかなりわかりやすいそうです。
これまでの映画を観た人の感想を総合しても原作を読んでから映画を観たほうがよさそうです。
映画を見た後ネットでいろいろ検索するのも楽しいと思いますが、
まだ観ていなくてこれからみる方はできるだけ予習をしたようがよさそうですね。

内容の3分の1から4分の1は先日のNational Geographic Channel の「Secret Bible 3 days」の借用でしたが他の部分はよくやったフジテレビという感じでした。
でもこの番組も原作を読んだ人や映画を観たひとにはわかりやすかったかもしれませんが、もしかすると何の知識もなくこれから映画を観ようという人にはわかりにくかったかもしれません。どうでしょう?

ただし、映画の宣伝番組で、ダンブラウンの作品のネタをなぞった番組です。
[PR]
by bonejive | 2006-05-20 23:15 | ダヴィンチコード

フジテレビの今夜の特番でNaional Geographic Channelのテンプル騎士団の抜粋が放映されます。

今日は仕事の合間に今晩のフジテレビのダヴィンチコードの特番の予告を観ました。
テンプル騎士団の部分は先日紹介したNational Geographic Channelのテンプル騎士団の抜粋を放映するようです。観れなかったかた是非観てみてください。
私が信頼を寄せる情報筋の映画の感想は好評でしたが映画を楽しむには原作を読んだ方がよさそうです。
また、結末は原作と異なるようで、それも良い方へ変更されているようです。
映画を観るのが非常に楽しみです。
[PR]
by bonejive | 2006-05-20 19:39 | ダヴィンチコード

ルーブルでもダヴィンチコード関連企画始まる。

ルーブルでもダヴィンチコード関連企画出現!

以下転載です。

http://www.excite.co.jp/News/world/20060516162608/Kyodo_20060516a322010s20060516162611.html

「ダ・ヴィンチ」を追体験 ルーブルが新音声ガイド  [ 05月16日 16時26分 ]
  共同通信  

 【パリ16日共同】パリのルーブル美術館は15日、小説と映画の「ダ・ヴィンチ・コード」を追体験しながら同美術館の芸術作品を鑑賞する音声ガイドの貸し出しを19日から始めることを明らかにした。
 ダ・ヴィンチ・コードは同美術館で発生した殺人事件から物語が展開するベストセラー作品。音声ガイドは、映画で警部役を演じるジャン・レノさんが犯罪現場を案内する形式になっており、レノさんのしわがれ声が「おれの指示がない限り動いちゃいけない。現場に連れて行ってやるよ」と話し掛ける。
 同美術館の2005年の入場者数は過去最高の750万人に達したが、これまで美術館側はダ・ヴィンチ・コードと距離を置き、入場者増加への影響を認めたがらなかった。新しい音声ガイドは、ベストセラーの動員力を美術館側が受け入れざるを得なくなった結果とも言えそうだ。 (共同通信)

ルーブルは何度か行っていますが未だに観たといえる程じっくり鑑賞できていません。
ルーブルではこれだけは見ようというガイドもありますがこんな企画で作品を観て行くのも楽しそうです。ダヴィンチコードファンならこの企画はかなり楽しそうですね。
今起きている様々な反ダヴィンチコード的な運動も信者の立場からすれば理解できる部分はありますが、こんなふうにあくまでエンターテインメントとして楽しみたいというのが私の本心です。これも宗教色のうす〜イ日本人だからのんきに言えるのでしょうか。
[PR]
by bonejive | 2006-05-19 10:58 | ダヴィンチコード

〜日本のオプスデイ〜Flash本日発売号

ダヴィンチコードでは完全に悪役にされたオプスデイですが、本日発売のFlash誌上で
日本での活動実態をレポートされています。
FlashといえばSexyグラビアで有名ですがその中にオプスデイの記事があります。
ダヴィンチコードで書かれたような苦行はないとのこですが、
物語に登場する苦行の道具が写真で出ていて興味深く感じました。
また、あわせてダヴィンチコードの舞台となった場所の写真もあり、
ちょっと楽しむ事もできました。
といっても多くの人には既におなじみの場所ですが、、、
(これはおまけでしょうねきっと)
ダヴィンチコードでは私はオプスデイにはあまり興味を感じませんでした。
架空の団体だと思って読んでいましたから。
しかし、後から実在の団体と知り、ダンブラウンはあんなこと書いて大丈夫かな?
なんて心配しました。
実際にオプスデイは反論しているようですし、
両者の間で当然のごとく問題になっているようですね。
Flashの記事は一緒に載っている多くのSexyグラビアの数々の雰囲気に反して
オプスデイの記事はまっとうな記事を書いていると思いました。
記事の内容自体は硬派の週刊誌に出ていても違和感のない内容でした。
[PR]
by bonejive | 2006-05-16 18:40 | ダヴィンチコード

世界不思議発見〜ダヴィンチコード〜

13 日土曜日に放送された番組です。
私はこの番組のファンでほとんど毎週観ています。
視聴率のためかダヴィンチコードのタイトルが入っていますが
実際はダヴィンチコードの内容を辿るのでなく、ダヴィンチの生涯を辿る内容でした。
前半に登場した解剖の部屋は何も無い部屋でしたがオリーブオイルに死体をつけて
地下室で解剖を行っていたなど非常に興味深い内容でした。
電気の無い時代に蝋燭の灯りをたよりに地下室で執り行われていたようです。
薄明かりの中であれだけの解剖図譜を書き上げたダヴィンチの能力は今さらながら
超人的と感じられました。
筋肉、神経、血管、腱、骨、内臓の断面図など本当に正確にスケッチできています。
不勉強な私は解剖が異端であり、ダヴィンチが解剖を許可(黙認?)されていたのは
特例に近いと浅い文献検索から考えていました。
この番組ではダヴィンチ以外の解剖学者も解剖をしていたように述べていました。
今読んでいる本にダヴィンチは男性性器も女性性器も差別なく取り扱った
数少ない人物と書いてありました。ダヴィンチの時代では
男女を解剖のレベルでも差別することがほとんどだったのでしょうか?
現在の常識ではなかなか理解しにくいですね。
[PR]
by bonejive | 2006-05-15 11:28 | blog

V フォーヴェンデッタ

正直あまり期待していなかったけど見ても損しないかな〜という映画でした。
第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。(Yahooムービーより転載)
この映画の背景はガイ=フォークス・デイ、1605年11月5日の「火薬陰謀事件」。
ガイ=フォークス一味が国王ジェイムズ1世の暗殺目的で
国会議事堂の地下室に火薬をしかけるが事前に情報がもれ、逮捕、処刑された。
事件は国王を首長とする国教会に対立するカトリック教徒たちの陰謀だったようです。
この事件の背景は自分の離婚を認めないバチカンに対抗してイギリス国王が法改正をして
国王を国教会の最高権力者にした事件が発端のようです。
国王は離婚をめぐってバチカンに破門にされたために当時のドイツの宗教改革とは別の次元で
カトリックからプロテスタントになったようです。
国王はカトリックを徹底的に弾圧したようです。
これに対抗してテロを企てた一味がガイ=フォークスたちです。
実際に逮捕され矢面に立たされたのはガイ=フォークスその人でも裏で暗躍していたのは別人物だったようです。つまり彼ははめられたようです。
この事件からガイという言葉が生まれたそうです。
本国イギリスでガイというとお人よしというかだまされやすいやつという意味もあるようですね。

映画の冒頭でこの事件が描かれ、Ⅴがガイ=フォークスの顔を模した仮面で登場します。
大筋はVの復讐劇で最後に復讐は達成され、不満は残りませんが細かい設定に無理あり。
アメリカとイギリスが戦争して(これだけでもありえない!)、
アメリカがイギリスに敗北(これもないでしょう!)
独裁国家と化したイギリスは一部の人間がやりたい放題。
そんな中、Vは自らの運命をもたらした人物に復讐するために戦いを始める。
Vを非常な運命に追いやったのはほかでもない現政府の中枢にいる幹部達。
Vの復讐=政府転覆。
Vが戦線布告しようとする直前、ナタリーポートマン扮するイビィと遭遇。
イビィは意思に反してVとともに政府に追われる立場になってしまう。
Vだけでなくイビィにも政府に対する過去はありますがあまり書くとネタばれがひどくなってしまいますので彼女の詳細はここまでにします。
「1812年」をバックにVの花火が夜空を彩りロンドンの象徴が爆発し、戦線布告。
Vの孤独な戦いは偶然からイビィという傍観者を得ます。
音楽や歴史上の事件がモチーフなどフィクションに深みを加えていると思いました。
政府側の地域の自警団のシンボルが横線二本の十字架でした。
これはダヴィンチコードの種本の1つであるマーガレットスターバードの著書で
テンプル騎士団、フリーメーソンにつながるシンボルとされており、
何か意味があるのかとかんぐってしまいました。
ガイ=フォークスがカトリックの側なら政府は確かにその敵ですから、
ガイ=フォークス(カトリックの象徴)、政府(反カトリック)とすれば
これもありなんでしょうか。
最後にロンドンの象徴ビッグベンが爆発するのはなんの象徴でしょうか、、、?
さて、製作のウオシャウスキー兄弟ですがマトリックスで大成功したのは有名ですね。
最近片割れが性転換し、女性になったようです。
話題に事欠かない兄弟ですね。
この映画よりそっちの方が話題性が高かったりして、、、

さてガイフォークスについては以下のHPが詳しくわかりやすいです。
興味の有る方は是非チェックしてください。
http://www.asahi-net.or.jp/~cn2k-oosg/guy01.html
[PR]
by bonejive | 2006-05-14 09:59