同志社大学の講演「ダヴィンチコード」を読み解く

私の非常に有力な情報源でありますブログ「叡智の禁書図書館」。
こちらで同志社大学で6月10日に行われた講演「ダヴィンチコード」を読み解くという講演があるとの情報がありました。
http://library666.seesaa.net/article/18972636.html
昨日こちらをのぞいてみるとなんと同志社大学のHPで講演のビデオを流しているとの情報がありました。試しに検索してみてみると本当に見ることができました。
http://theology.doshisha.ac.jp/opencourse/index.html
簡単にネットで見ることができ感動しています。こんなにすごい時代になっていたなんて感無量です。二人の神学の専門科の教授が非常に分かりやすくダヴィンチコードを読み解いてくれ、またその話が分かりやすい!!
私は(ちなみに理系です)大学で感動するとか、分かりやすい講議というのはあまり聴いたことがありません。講演をされた二人の教授は話も上手く要点をきっちりまとめていて飽きることがありませんでした。こんな講議を受けられるなんて同志社大学の学生さんは幸せですね〜。
ただ、最初の先生は聴衆の多くが映画も原作も読んでいないことで大きな動揺があったようで、最後までこの動揺を引きづりながら話していた感じです。
・・・ネタばれを気遣うというか、み〜んな内容を知っている人達を相手に話すことを予想していたようでその点でちょっと話の進め方がぎこちなくなっているようでした・・・

ティーピングが蛇、ソフィーがエヴァであり、最後のクリプテックスの答えが「○○○○○」という設定だというまとめもあっそうか!と感動してしまいました。
ソフィーは蛇の誘いを断り、楽園を去ることはなかったということのようです。
結構ダンブラウンの話の構築は深いですね。
あと、資料の解釈に単純なミスも散見されるようですが物語を盛り上げるために確信犯的に過った解釈を誇張して述べていることもあると指摘していました。
例を挙げると単純なミスはナグハマディ文書、死海文書がもっとも古いキリスト教の文書という記述。死海文書は確かに古い文書ですがこれはユダヤ教の文書であり、またコプト語で書かれているということ。にもかかわらず原作ではアラム語と書かれているなどなど。
このあたりから話は福音書のほうへ広がっていきます。
しっかりダヴィンチコードの原作(小説の文章)を引用しながら聖書研究の最新知見をわかりやすく説明してくれとてもわかりやすかったです。
3人目にコメンテーターとして牧師さんが登場します。
牧師さんは保守的な福音派の牧師と自己紹介し、実際にダヴィンチコードを読み、
とても面白かったとコメントします。
興味深いのは福音派、彼らの基本的な考えが白か黒かということ。
宗教が同じでも宗派が違うとそれだけでも争いの原因になるわけですが、物事をこのように白か黒かで捉える価値観が根底にあるということに正直びっくりしました。
(隣人を愛し、許せという教えはなんなのかな〜?なんて疑問がいつも浮かびます)
ほかにもいろいろとありましたが是非自分の目で確かめてください。

全部で2時間16分ですが面白いですよ〜。
是非チェックして下さい。
[PR]
by bonejive | 2006-06-15 17:14 | ダヴィンチコード
「石の扉」 加治将一 新潮文庫 >>